マグロ丼

健康を意識した料理を皆にシェア♪

張り合いが出る

シェアハウスの楽しみの時間として、共用スペースでの過ごし方があります。
誰かと約束してなかったとしても共用スペースに入れば誰かと過ごすことができ、話をしたり一緒に食事をしたりすることができます。
共用スペースがリビングであることが多いため、他の人の食事の様子を見ることができる場面も多いのです。

シェアハウスには外国人も集まりますし、自分とは違う地域の出身の人もいます。
そのため、国や地域の郷土料理や家庭のオリジナルの食事をしている人もいて、自分の普段の食事とは異なるものを食べるという楽しみもあります。
そして、食事の内容を他の人に見られることもありますし、自分の作ったものを振る舞う機会もあるため食事を作るのにも張り合いが出るものです。

漬けマグロのコリアン丼を作ってみた

シェアハウスの中でルームメイトと仲が深まってくると、食事を一緒に摂ろうとか交代で作ろうというような提案をしったりもします。
せっかく他の人に自分が食べているものを見せる場面があるならば、彩りも美しく、健康的なメニューを出したいものです。
特に、ダイエット効果もありつつ、満足度の高いメニューというのは評判が良いメニューの一つです。

このようなメニューに合致するものの一つに漬けマグロのコリアン丼があります。
マグロは高タンパク、低脂肪、高タンパクですし、玄米には食物繊維が豊富で脂肪などの老廃物を排出する効果があります。
それでいて、コリアン風の味付けをしているので食べ応えのあるメニューなので男女ともに喜ばれるメニューです。

作り方も簡単で、ナンプラーと醤油、ごま油で作った漬け汁にマグロを漬けておき食べるときに玄米ご飯に盛り付けるだけです。
マグロと一緒に玉ねぎやセロリ、レタス、香菜、ナッツを一緒に乗せて盛り付けると、彩りも良くなり見た目が綺麗になりますし野菜不足も解消できます。

野菜もレシピ通りの野菜を使わず冷蔵庫に残っている野菜を用いるので十分です。
簡単でありながら美味しい、年中食べれるメニューなので急遽人に振る場面ができても困らないメニューですからとてもオススメです。

実際に振舞って美味しいと褒められることも多いので、オススメのメニューです。
ワンプレートなので手軽に作れ、なおかつオシャレに見れるので気軽に作れるおもてなしメニューとして是非活用してみてください。