シェアハウスの選び方

ニーズが高まっている

近頃、シェアハウスが注目されています。
もともとは海外を中心に人気だった住み方で日本にはあまりない物件でした。
しかし、最近ではシェアハウスに入居する人たちの様子を追ったテレビ番組が放送されたこと、そしてその生活でのメリットの多さが認知されるようになり、日本でもニーズが高まって物件の数が増えています。

シェアハウスが人気なのは個人のスペースがありながらも共用スペースで誰かと過ごすこともできる点です。
一つの家に複数人で住むことになるので規模の大きな家に住むことができ、耐震性や防犯性の面からも安全性が高くなります。

私が住んでいる物件は、共用スペースであるキッチンや洗面、キッチンといった設備が一般的な一人暮らしよりも広く充実した設備であるため住み心地が良いです。
また、複数人で住むことで同じ場所で同条件の物件よりも割安で住むことができるものが多いです。

他にも短期間や期間限定での入居ができる点も魅力といえます。
一人暮らしを経験してみたい人や、短期間の滞在や出張といった期間限定での生活でもホテルではなく住まいを借りることができます。
ホテルとは違って滞在時間に縛りもないですし、自炊もできますからコストも抑えられますし生活もしやすいです。

また、このような形式の入所ができるため日本人だけでなく外国人の方が入居しているところもあります。
私のところにもアメリカ人の方が一人いて、キッチンやリビングでちょっとした時間に英語を教えてもらっています。
このようにシェハウスでは、共用スペースで一緒に料理をしてその国の食文化に触れることもできるのです。

シェアハウスの選び方

シェアハウスに住みたいと思ったら、まずは住みたい地域のシェアハウスの情報が載っているホームページや不動産会社のリサーチから始めます。
住みたい地域にシェアハウスがあるのか、そしてある場合には家賃相場がどのくらいであるか、空き部屋はあるのか、ハウスの特徴はあるのか、といった情報を事前収集していきます。
ある程度情報が集まってきになる物件に目星がついたら不動産屋に問い合わせて見学を行いましょう。
私はシェアハウスを選び際に実際にこちらを情報源の一つとして参考にしました。
参考:注目の最新シェアハウス情報

シェアハウスを探す際には、絶対に気にいると思っても、忙しくて時間の余裕がなくても、希望する部屋が空いておらず見学ができなかったとしても、必ず足を運んで実際に確認することが大切です。
これは私が実際のハウスに行ってわかることがたくさんあったためそう感じました。

一般的な物件探しと同じで行ってみて初めて駅からの道や日当たり、部屋の様子がわかるようにシェアハウスも行ってみてわかる情報がたくさんあります。
これは、外観や内装、立地といったものだけではありません。
シェアハウスは特に住人たちの様子を見ておくことが大切です。

シェアハウスでの生活は共同生活ですから、自分以外の入居者の様子も大切なのです。
男女比や先住者の様子、タイプ、衛生観念といったものを見て自分と合うかを確認しておかないと、入居してから合わなかったと思っても遅いといえます。
きちんと自分にあった場所でなければ安らげる場所のはずの自宅が、苦痛の場になってしまいますから必ず確認しておきましょう。