他人との共同生活を成功させるには

共同生活のメリット

家族以外の他人と共同生活をするのはメリットがたくさんあるものです。
まずは、複数人で生活するということで家賃を人数分だけ割った金額にすることができますから一人暮らしよりも良い条件の物件に住むことができることが多いです。
立地の条件や住居の設備も一人暮らしよりも充実して家賃が安く済むということが多いのでお得な物件に出会えることも多いです。

次に、一人ではなく誰かがいるという安心感があります。
これは防犯の面でも言えますし、病気をした際や災害時、仕事のトラブルや友人関係での揉め事など誰かに話を聞いて欲しい時、といった時にも言えます。
特に一緒に過ごせなくても誰かが同じ空間で過ごしてくれているということだけで十分心が休まることがあるものです。

他にも一人ではないことで生活に適度な緊張感が持てます。
私は他者の目があることで食事の準備をして調理器具を出しっぱなしにしたり、洗濯物を溜めてしまったり、休日にダラダラしたりということがしにくくなりました。
日常生活をきっちり過ごそうとすることで普段の生活にメリハリが出来て充実した生活を送ることができるようになります。

このようにメリットがたくさんある共同生活ですが、その内容をお互いが楽しむことができるようにするためにはやはり気をつけるべきことが幾つかあるものです。
他人同士が生活するのできちんとルールやマナーを守って行わなければ楽しめなくなるだけでなく仲が悪くなってしまい共同生活を解除することになる場合もあるのです。

共同生活を成功させるために必要なこと

まず、絶対に大事なことはきちんとルールを明確にしておくことです。
もちろんあまりにも細かくルールを設けてしまうとストレスがたまってしまいますから線引きが大切です。

私たちの場合は、お金に関することや共用スペースのこと、清掃やゴミ出しといったものは互いに嫌な思いをしないためにしっかりとルールを作りました。
一方だけに負担が偏ると揉め事の原因となりますからうまく平等になるようにすることがポイントですね。

ただし、せっかくの共同生活ですから忙しい時や辛い時には助け合いも大切です。
無理な時にはその旨を伝えたり、してもらったことにはきちんとお礼をしたり交代をしたりということを行うことができるのも共同生活の良さです。

当たり前ですが、挨拶をきちんとしたり同居人のものを無断で借りない、自分がされて嫌だと思うことはしない、といった当然のマナーは守るべきことです。
自分本位にならずきちんと相手のことまで考えて思いやる気持ちを持つことが共同生活の成功には絶対不可欠です。