シェアハウスの騒音について

嫌な思いをすることもある

シェアハウスでの生活はテレビ番組の影響もありとてもオシャレで快適なものだと思われがちです。
確かに最近人気が出たことでどんどん新しい建物ができているため、キレイで最新設備が導入されている施設も多いです。
そして、シェアハウスが建設される場所は都心が多いですし、入居する人もトレンドに敏感な人が多いのでオシャレで洗練されたイメージが持たれがちです。

このようにシェアハウスに住むということはとてもポジティブなイメージが持たれやすいです。
元々、新生活を始める時には新しい暮らしに希望も高まりやすく良いことばかり考えやすくなるものです。
シェアハウスはテレビの効果もあり、その傾向がさらに強いのです。

しかし、残念ながら新生活を始めて嫌な思いや残念な思いをすることはあるものです。
入居前には気付かなかった建物の問題点や入居してわかる隣人とのトラブルなどが出てくると、せっかくの新生活が楽しめなくなってしまいます。
入居後に発覚するものは事前に防ぐことが難しいですが、入居前に確認して減らせるトラブルもあります。

シェアハウスでの騒音トラブル

マンションやアパートでの一人暮らしで起こりやすいトラブルに騒音問題があります。
これは、入居してからでなければ壁の厚さや音の響きがわからない点、隣人の生活音がわからない点があるため入居前にはわからないことが多いです。

また、騒音というのは個人の感覚が大きく影響します。
私はうるさいと思っても他の人は平気と思うこともありますし、その逆もありえました。
特に実家を出て初めての生活であれば、一人暮らしやシェアハウスでの生活を通して初めて自分が音に敏感であったり逆に生活音が大きくて迷惑をかけていることもあります。

自分が音に敏感であるという認識がある場合には、入居前にシェアハウスを見学して個室の音漏れや共用部からの音が聞こえるかということを確認しておくことで入居後のトラブルを防げます。
また、入居者に音に敏感な人がいるかを聞いてみて、いるようであれば日常の生活音を極力減らすように意識しておきます。

このように生活音に気をつけることは、騒音トラブルに関係なく音に気遣うことはマナーですしトラブル回避に大事なことです。
自分ではうるさくないと思っていても無意識の足音や物音が思いの外大きい人もいるものです。

生活音や足音が大きい人はがさつな印象を抱かれがちですし逆に静かな人は清楚で丁寧な人といった好印象を抱かれるものです。
トラブルを防ぐためだけでなく、周囲の人に好印象を与えるためにも日頃から意識して物音を立てない生活をしておくことが望ましいです。