カップルでシェアハウスに住むことについて

多種多様な人が集まる

シェアハウスは様々な人に向けて開けた環境であると言えます。
一般的な物件よりも外国人の入居可能なものも多いですし、審査や提出書類が厳しくない場合もあるため様々な職種の人が集まります。
中には勉強や観光のために短期間滞在するという人もいるため、多種多様な人が集まる場所です。

このように、様々な人々と共同生活をすることは、協調性を身につけたり視野を広げることに役立ちます。
そして、様々な人が集まるおかげで普段は知り合えないような人と知り合うことが出来、価値観や考え方を変えるきっかけにもなります。
シェアハウスを利用することで、家に対する価値観が変わるという方もいるようです。

このような様々な人々との生活でカップルが成立することも多くあります。
日常生活の中で共に生活をすることでお互いを知ることができるので、互いの良いところも悪いところも知った上で交際がはじめられるので付き合いだしてからもうまくいくことが多いです。

シェアハウス内では恋愛が禁止されているわけではありませんし、むしろカップルでの入居が可能とされている物件もあります。
シェアハウスでカップルが生活するのには普通の生活ではないメリットとデメリットがあります。

カップルでシェアハウスで生活するメリットとデメリット

シェアハウスにカップルが入居する最大のメリットが生活費が抑えられる点です。
結婚を意識している場合には、結婚式や新生活に向けて貯金をしたいものです。
シェアハウスであれば同じ家で生活をするのに同棲よりも月々の家賃が抑えられます。

また、同棲を始めるにあたって新しい家具や家電を揃える必要がありますが、シェアハウスであればある程度の家具や家電は人と一通り揃っています。
結婚を機にシェアハウスを出る際に、新しい家具や家電を揃えることができるので気持ちよく新生活がはじめられるでしょう。

また、同棲よりもそれぞれの時間を持つことができるので、少しずつ二人のルールを作ることができます。
はじめから同棲をして何もかもを二人でしなければならないのではなくお互いに自分で自分のことをしながら分担をしていくことができるので上手に二人の関係性を作っていけます。

ただし、他者の視線があることには注意が必要です。
共用部分では普通に話をしているつもりでも、他の人がいると互いに気まずい気持ちになってしまう場面もあるかと思います。
また、部屋で小声で話をしていたとしても外に声が漏れてしまうこともありますから話し声も気をつけましょう。

このように、一緒に住んでいても周囲を気にする場面が多いためになかなかゆっくり落ち着いて二人で過ごすことは難しいものです。
この適度な距離感がシェアハウスでの同居に良い影響も悪い影響も与えることを理解し、お互いに納得をしておくことが大切です。