川釣り

ルームメイトと川釣りに行きコツを教えてもらった話

新しい趣味が見つかるかも?

シェアハウスでの楽しみの一つが、新しい人脈ができることだと思います。
入居者には様々な職業や年齢の人が集まります。
私は同じシェアハウスで暮らす住人から、普段の生活では出会うことのできない人たちと出会うことができ、親睦を深めていくことができています。

自分とは異なる生活をしている人の話は刺激的ですし、参考になる事もたくさんあります。
そして、共通の趣味の人と話すことで日々のストレス発散の時間が持てたり趣味の知識を深めたり出来るだけでなく、新しい趣味を見つけるきっかけにもなります。

シェアハウスのルームメイトと外出する

シェアハウス内で趣味や好きなことの話が盛り上がると、一緒に話すだけではなく外に出ようという話が出てくることもあります。
好きな映画が同じであればそのシリーズの新作が出たら一緒に観に行こうと盛り上がったり、好きなアーティストが同じであればライブに一緒に行こうという話も出てきたりします。

日々の暮らしが忙しくなると思うように趣味の時間を作ることができなくなりがちです。
特に、共通の趣味の友達がいないと一人では行動するのが億劫になりやすいものです。
仲間がいることで、忙しい生活の中でこのような外出の予定を入れようと思いやすいですし、予定が決まると日常生活もハリが出て楽しめるようになります。

ルームメイトと川釣り

自分の興味のなかったこと、触れる機会のなかったことを趣味としている人がいることもシェアハウスでの生活の特徴です。
特に、アウトドアな趣味の人と知り合える際にはその活動に同行してみるのがオススメです。

キャンプや川釣りといったものは、道具の準備も必要ですし知識の習得も必要です。
すでに趣味として行っている人と行くことができれば、道具も借りることができますし必要な知識はその場でレクチャーしてもらえます。
そこで、気に入れば勧めてもらった道具を準備して本格的に始めれば良いのです。

このような新しいアウトドアな趣味としてオススメなものの一つが川釣りです。
川釣りであれば、ゆったり構えて釣りができますし海釣りで不安な船酔いもありません。
そして、釣れても釣れなくても楽しめるのが魅力です。

もちろん上級者になっていくと釣り自体を楽しむようになりますが、私のような初心者にとってはただ川の前でのんびり過ごすだけでも十分なリフレッシュになります。
のんびりと川の前で川の様子を伺ったり自然の音に耳を傾けたりするだけでも、日常の喧騒を忘れて過ごすことで日々の疲れを癒す時間となるのです。

少しずつ混用な時間を楽しめるようになってくると、次第に魚を釣れるようになりたいと思い始めるものです。
川釣りの対象魚は種類が多いので制覇したいという感情も芽生えてきますし道具も釣り方も様々なものがあるので技術を習得したいと思うようになるものです。
手軽に始められるのに、テクニックや道具の奥深さにも魅了され、どんどんとハマることが多いのです。